loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

休み方改革関連研修

休み方改革関連研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

働き方と休み方に両輪でアプローチし、働く個人の人生・生活を充実させる

「休み方改革」とは、政府が「働き方改革」とともに推進している取り組みです。働き方改革は、生産性の向上や長時間労働の是正、多様な働き方の受容など「働いている時間」にフォーカスしているのに対し、休み方改革では、長期休暇の分散や有休取得推進などにより「休んでいる時間」がより充実したものになることを目的としています。

働く個々人が、世の中のこうした変化を「自分の人生を充実させる機会」として活用していくためには、自らの「働き方」と「休み方」について改めて立ち止まって考えることが重要です。加えて管理職には、「メンバー一人ひとりが休暇の制度を利用しやすい職場の雰囲気づくり」「個々のメンバーが休暇を取得しやすいような業務の標準化や効率化」も求められるでしょう。

休み方改革関連研修のポイント

管理職向けから個人レベルで取り組めるものまで、豊富なプログラムをご用意

・「休める制度はあっても取得しにくい」という職場の管理職・リーダー向けに、制度活用を促すための働きかけの仕方や、業務の属人化を防いで休みやすくするための方法など学べる研修がございます
・非管理職の方向けには、自身の望むワークライフバランスについて改めて考え、それを実現するためのノウハウを学べる研修がございます

現状を確認するワークをふんだんに盛り込み、現実的な取り組みにつなげる

・例えば過去3日間の過ごし方を振り返って客観的に把握するワークなど、現状をしっかりと認識したうえで「今後どうありたいか」を考えていただくため、地に足の着いた「働き方・休み方の改善」につなげることができます

研修実施前に、組織の現状を把握するアセスメントサービスのご提供も可能

・インソースの「組織マネジメント・キャリア・働き方診断サービス」では、「仕事とプライベートの優先度」「残業削減が給与に影響することへの許容度」といった個人の志向や、「特定の個人に負荷がかからない仕組みになっているかどうか」「上司のマネジメントはどのように行われているか」といった組織体制について、調査と評価を行うことができます

休み方改革関連研修ご検討のお客さまからのご質問

.インソースの休み方改革関連研修のポイントはなんですか?

A.制度設計などの大きな話ではなく、個人が現場で取り組めるレベルでの学びがある点です。
政府の提唱している「休み方改革」の内容は、休暇の分散など組織の制度面に関するものが中心で、それらを整えることももちろん重要です。ただ、働く個人が自組織の制度設計に携われるかというとなかなか難しい場合が多いでしょう。インソースの研修には、制度の整備といった「ハード面」と並行して「ソフト面」を整えられるよう、休みやすい職場の雰囲気づくりや業務の視覚化など、現場で取り組める具体的なノウハウが盛り込まれています。

自社の現状を踏まえたケーススタディの作成は可能ですか?

A.可能でございます。例えば、部下がどのように働き、どのように休みたいかを確認する面談の進め方や、自社の制度について部下に説明してみるロールプレイングなど、お打合せのうえ、ご状況・ご要望に応じたケースをご用意いたします。

「休み方改革」と「働き方改革」はどう違うのでしょうか?

A.両者とも本質的に目指しているものは「生産性向上により組織の業績・成果は維持しつつ、多様な価値観を持った人材が、仕事人としてもそれ以外の面でも、充実した人生を送ること」ですので、表裏一体のものであるとインソースは考えます。目指すものを実現するためのアプローチ方法はさまざまあるため、何にフォーカスを当てて取り組むかの違いであるといえるでしょう。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

休み方改革関連研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

【自部署の働きやすさ・休みやすさを客観的に把握したい】

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!