loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ワークライフバランス研修 ~両立を実現する業務管理編(半日間)

ワークライフバランス研修 ~両立を実現する業務管理編(半日間)

ワークライフバランスの基本的な考え方を学び、効率的な仕事の進め方(残業を減らす)を実現する

研修No.B CRR150-0100-2064

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

ワークライフバランスの考え方を身につけたい方

研修内容・特徴outline・feature

具体的には、自分の理想とする「充実した仕事」「充実した生活」を考え、ワークライフバランスの基本的な考え方を学びます。そのうえで、自分の業務の無駄を見つめ直し、効率的に仕事を進める(時間外労働を減らす)ことを実現するためのポイントを学びます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
 
内容
手法
 
  • 1.「充実した仕事」と「充実した生活」を考える
    (1)あなたにとって、生きがいや喜びをもたらす「仕事」とは?
    (2)あなたにとって、生きがいや喜びをもたらす「生活」とは?
ワーク
  • 2.ワークライフバランスとは
    (1)ワークライフバランスの展開とその取り組み
    ①ワークライフバランスと仕事の調和
    ②ワークライフバランスの展開
    (2)ワークライフバランスの必要性が高まった背景
    ①個人
    ②社会全体
    ③個々の企業・組織
    (3)「仕事」と「生活」の調和とは
    【参考】次世代育成支援
講義
  • 3.ワークライフバランスを実現する
    (1)昨日の時間の使い方を振り返ってみよう
    ①昨日のスケジュールを書き出し・整理する
    ②無駄な時間だったと思う時間を振り返る
    ③やりたかったが時間がなくてできなかったことを振り返る
    ④やりたかったことができなかった理由を考える
    【ワーク】あなたのコストを計算する
    (2)タイムマネジメントのポイント
    (3)自分の仕事・行動の種類を考える~仕事は4つに分類される
    ①こなす仕事
    ②考える仕事
    ③完全時間を拘束されてしまう仕事
    ④少しなら時間を自由に使える仕事
    (4)仕事は「みんな」でする
    (5)業務分担の4つのポイント
    (6)「不満な経験」や「仕事の課題」を振り返る
    【ワーク】これまで仕事を行ってきた中で、不満に感じたことや課題と感じていること(管理職の方は部下の不満も含む)を洗い出す
ワーク
講義
  • 4.明日から取り組めることを考える
    ワークライフバランスに関して、一人ひとりが楽しく仕事に取り組める考え方や仕組みを考える
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年8月     17名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.1%
参加者の声
  • 仕事の優先順位を考え、効率的な時間管理を行う。コミュニケーションも重要と認識した。
  • 組織運営にとって重要かつ基本的な考え方であり、常に意識した取り組みをしていきたい。
  • 仕事のタイミング、優先度をより意識していきたい。

実施、実施対象
2017年 12月     48名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.7%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • 仕事と生活のバランスの大切さを理解できた。どちらかが不足することで、仕事の質、生活の質に悪影響が出るのだと知ることができた。
  • 仕事をしているとどうしても、プライベートが疎かになることが多い。仕事も大事だが、そうでない時間も有意義に生きられるよう、優先順位、効率、臨機応変などを意識していきたい。
  • 研修で学んだことを参考に、ムダを省いて効率のよい業務ができるよう、小さなことも見直して改善を心がけたいと思います。

実施、実施対象
2017年 8月     80名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.5%
講師:大変良かった・良かった
93.8%
参加者の声
  • ワークライフバランスは「仕事のやり方を変えていく」「楽しさを取り入れていく」など、新しい発見があった。
  • ワークの中にライフを取り入れるという考えがなかったので、びっくりした。今の仕事をよりステップアップさせるために、職場の仲間とコミュニケーションをとりながら、チームとしての能力を高めていきたい。
  • 研修で学んだことを踏まえ、仕事の緊急度、重要度を常に考えながら仕事を進めていきたい。

開発者コメントcomment

■女性が長期的に活躍するために

ワークライフバランスに関しての問い合わせが増えています。その目的や背景は大きく分類すると二分することができそうです。一つは「次世代育成支援」です。女性を対象に組織内で長期的に活躍してほしいために促進しています。裏を返せば妊娠・出産・育児の転機に対しても組織が対応できる器を持たなければならない時代となっています。そのような風潮を受け入れがたい組織の管理職の方々に理解浸透させたいという目的があるようです。

■早く帰って元気に頑張る

もう一つは「超過勤務時間の削減」です。人員削減や業務量増加はあっても、残業を増やすわけにはいかない状況下です。ワークライフバランスを謳うことで「早く帰って元気な状態でまた頑張る」という意識を浸透させたいという目的だそうです。

■業務改善のきっかけ作り

本研修は、現場の「そんなの不可能だ!」という意識を、「どうしたら早く仕事を進められることができるか?」という意識に変えるきっかけ作りになるプログラムです。これは、業務改善の皮切りにもなりますので、タイムマネジメント研修や業務改善研修との組み合わせも効果があります。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ワークライフバランス研修
年間総受講者数
2,294
内容をよく理解・理解
87.8
講師がとても良い・良い
84.1

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!