loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

アサーティブコミュニケーション研修

コミュニケーション

アサーティブコミュニケーション研修

相手が不快にならないように、自他尊重をした上で伝えたいことを相手にうまく伝えるスキルを習得する

No. 5200300 9901005

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・言いにくいことを伝えることが苦手で、もっとうまく伝えられないかと思っている方
・自分の思っていることや意見を、素直に相手に伝えることができない方
・自分の意見ばかりを主張してしまい、かえって相手から反発を受けることが多い方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 相手に嫌がられることが怖くて、本音がなかなか言えない
  • 言いたいことを言ったら相手を怒らせてしまった
  • 相手の気持ちに配慮して伝えられればもっと仕事が円滑に進むと思うのに、なかなかうまくいかない
  • お願いをされたら断れない。無理をしてでも引き受けてしまう

※多様な関係者とやり取りをするリーダーの方には「リーダーのためのアサーティブコミュニケーション研修」がおすすめです

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、「言いにくいこと」を伝えるアサーティブコミュニケーションの手法を習得します。アサーティブとは、相手の状況・気持ちを尊重しながら、自分の主張を正直に伝えることです。講義と豊富なワーク・ケーススタディを通じて、アサーティブであるための心の持ち方を理解し、具体的なコミュニケーションスキルを身につけていただきます。

<研修のポイント>

  • ①自分のコミュニケーションパターンの把握
     ~アサーティブになれない具体的場面を考え、現状を客観的に知る
  • ②コミュニケーションの基本の習得
     ~相手から信頼を得る聴き方や相手に納得してもらえる伝え方
  • ③言いにくいことを伝える方法の習得~具体的なケーススタディによる練習

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①アサーティブコミュニケーションとは何か、その考え方や心構えを理解し、具体的なノウハウを習得する
  • ②相手の置かれている状況や気持ちを尊重しながらも、自分の意見を伝えることができるようになる
  • ③「相手の話を聴いている」ことを示す手法を学び、相手との関係性を作ることができるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.こんな時どうする?
    【ケース】「職場への配慮のない同僚に対して、どのように声をかけますか」
ワーク
  • 2.意見を伝えるときの考え方
    (1)人の考え方と行動のパターン
    (2)アサーティブな思考とは
    (3)意見を伝えにくい場面を考える
    【ワーク】アサーティブでありたいが、難しい場面を考える
    (4)意見を伝える前に感情を整理する
    【参考】変えるべき考え方を知る ~ 思考のクセ
講義
ワーク
  • 3.コミュニケーションにおける心構え
    (1)コミュニケーションはねじれて伝わる
    (2)コミュニケーションにおける心構え
    【参考】非言語要素の一般的なイメージ
講義
  • 4.アサーティブコミュニケーションにおける伝え方
    (1)状況を客観的に伝える
    (2)相手の話を受け止める。相手の言葉に反応を示す
    (3)自分の考えを伝える~Ⅰ(アイ=私)メッセージの活用
    【ワーク】「Ⅰメッセージ」に言い換えてみる
    (4)論点を確認し、最良と思われる解決策を導き出す
講義
ワーク
  • 5. ケーススタディ
    ※ケースごとに①シナリオ作り②ロールプレイング③振り返りを行う
    【ケース1】異動してきたベテラン従業員に、処理手順を現部署のものに変更してほしい
    【ケース2】仕事が山積みのため、参加必須でない説明会への出席を
    今回は断りたい
ワーク
  • 6.シナリオ作り~自身の課題を考える
    【ワーク】第2章(3)のワークで挙げた課題をアサーティブに対応する
    シナリオを作成する
ワーク

企画者コメントcomment

アサーティブコミュニケーションとは何かを理解し、習得することで、コミュニケーションに対するストレスを軽減してもらいたいという思いで作成したカリキュラムです。職場でのコミュニケーションに積極的に参加すると、充実した仕事ができるようになります。するとコミュニケーションをとることが楽しくなり、自分に自信がつき、さらに仕事が充実し、良い流れが生まれます。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込み
(オンライン/セミナールーム開催)schedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります
  • カリキュラムは一部変更となる可能性があります。大幅な変更の際は、申込ご担当者さまへご連絡いたします。

事前のご案内

受講できそうな日時がない… 日程を増やしてほしい… 
そんな時には「研修リクエスト」

研修リクエストサービス

「研修リクエスト」とは、お客さまのご希望の日程、内容、会場で、1名さまから インソースの公開講座を追加設定するサービスです。 サービスの詳細や、リクエスト方法はこちらをご確認ください。

※受講者数1名以上の場合から、リクエストを受け付けております

※ご連絡いただいてから研修実施まで、通常2か月程度かかります(2か月以内での急ぎの実施も、ご相談可能です)

受講者の評価evaluation

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.2%

講師:大変良かった・良かった

96.9%

※2022年10月~2023年9月

実施、実施対象
2023年12月     15名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手の状況を考えず、無意識的に事実を突きつける癖があることを自覚したので、以後少しずつ相手の状況や気持ちに配慮、共感し、円滑に話ができるようにする。
  • 講師の先生とロールでレイングを行って、相手の気持ちに寄り添って自分の意見を述べるのが大切と気付きました。今後は意識します。
  • 普段からユーザーとやりとりすることが多いため、意見がぶっかったりクレームに近い内容を受けることもあるが、今日のアサーティブコミュニケーションのフレームワークを利用して、win・winで解決できる最適案を導いていく。
  • 今までは仕事上で人とのコミュニケーションができておらず、うまく仕事をすることがきませんでしたが、今回学んだABC理論等や、聞き方や説明のやり方を学んだので、そのことを活かして今後の業務に取り組んでいきます。
  • 考えをまとめる為に、客観的に考え伝える事を活かしていきます。パッシプ型になりすぎず、アサーティブを目指します。

実施、実施対象
2023年11月     26名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • アサーティブの4Stepの話の組み立て方を実践する。また、部下の困りごとに対し、もう一段深掘りして話を聞くようにし、一緒に解決策を考える。
  • 依頼・注意・説得のロールプレイングを参考に、上司・部下との関係性を良くするためにアサーティブ・コミュニケーションを活用する。
  • 様々な階層の人に対して、如何に説得するか、1つの手法が今回の研修で明確になりました。研修内容を忘れないように復習します。職場に持ち帰り、仕事に活かしたいです。
  • ロールプレイングで試してみたアイコンタクトやPREP法を、上司・後輩と話をする際に活用していきます。熱意と誠意をもって相手に伝える努力をしていきたいです。
  • 研修を通して、人の気持ちを考えることを学びました。相手の気持ちを理解して、自分の気持ちをしっかり伝えられるようにしていきます。そして、上司・部下への意見の通し方を業務に活かします。

実施、実施対象
2023年10月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日々、自分がストレスに感じていることが多く、自分は非主張的で我慢していると思いました。本日、色々とシナリオを作ったりして、アサーティブをうまく使いこなしてみて、今後もこの考え方をもっていくようにします。とても楽しく、学ぶことができました。
  • 自分の思考の癖を理解し、相手のタイプを考えたうえで普段のコミュニケーションをとっていきたい。事実を先に述べるというコミュニケーションの基本が今まで出来ていなかったと感じるため、考えを改めていく。
  • アサーティブコミュニケーションにおけるシナリオを作り、意見を伝えにくい場面でも、シナリオで予習する事で、言いたい事を整理できるようになる気がする。今後はシナリオを意識して考えるようにする。
  • ケーススタディを行ってみて、枠に当てはめることを意識しすぎてクッション言葉などを疎かにしてしまうことがありました。この気づきを活かし、実際にアサーティブなコミュニケーションを使うときには、相手を尊重する気持ちを忘れずにコミュニケーションがとれるようにします。
  • Youメッセージではなく、Iメッセージで相手に伝えていくことを活かします。そして、事実を伝えることを今後はしていきたいです。

実施、実施対象
2023年9月     22名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • Iメッセージを明日から実践したいと思います。また、相手の気持ちや状況を理解することに努めていきます。
  • アサーティブコミュニケーションは、ビジネスの場において、明確かつ効果的に意見や要求を伝える手段として非常に有効であると感じました。このスキルを磨くことで、相手を尊重しつつ自身の立場をしっかりと表現することが可能となり、ミスコミュニケーションのリスクを減少させることができると感じました。
  • コミュニケーションが圧倒的に足りていないことが確認できたので、まずは傾聴からしっかり行っていきたいと思います。相手によってコミュニケーションの得意不得意もあるので、画一的なアプローチではなく相手の性格や背景、状況に鑑みたアプローチに努めます。
  • 自分の考えを伝えるIメッセージの方法や、年上のメンバへ対するコミュニケーション方法について、とても参考になりました。また若い世代の考え方の違いの理由について、時代背景による価値観の違いがあることに非常に納得しました。
  • 人に仕事を頼む際、相手に快く働いてもらい共に成果を出せるようアサーティブの型を身につけます。相手の気持ちに寄り添うコミュニケ-ションを取り、お互い協力し合って良いチームにしていきたいです。

実施、実施対象
2023年8月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 主張をすることで組織全体の利益につながるという事と、その伝え方を改めて認識できました。今後、適性な主張ができるよう、本日学んだことを活かして参ります。
  • 相手の立場に立ちつつ、自分のことも大切にしながらコミュニケーションを取ることを心掛ける。ある程度は技術と知識で対応できることと、心構えが必要なことを認識して行う。
  • 職場のコミュニケーションは常に受け身でしたが、これからは自分から声をかけるようにします。また、人の話を最後まで聞き、理解して、分かりやすく説明をします。
  • 色々な人がいる中で、言われた言葉をストレートに受けるのでなく、捉え方で自分の行動が変えられるということを学んだので、そこを活かしていきます。
  • 人に伝えにくいことを伝えるための手段や準備を多く学んだので、今後、打ち合わせや後輩指導等で、業務上人と話すことが多くあると思うので、そういった場面で活かしていきます。

{{ttl}}関連の研修course map

お問合せ・ご質問

よくいただくご質問~お申込み方法や当日までの準備物など、公開講座について詳しくご説明

最新作・ニュース

新卒採用募集中
ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.2
講師がとても良い・良い
96.9

※2022年10月~2023年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

同ジャンルの研修を探す

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

コンテンツクリエイターズワークス

  • WEBins
  • モンシャン

公開講座からの新着メッセージ