loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

仕事の進め方研修 ~ビジネスゲームを通して仕事の全体像をつかむ編(2日間)

仕事の進め方研修 ~ビジネスゲームを通して仕事の全体像をつかむ編(2日間)

職場において高品質・高スピードで仕事を進めるための考え方・手法を理解する

研修No.B HTW200-0900-2391

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

仕事とは、定められたゴールに向かって、所定の時間内で最大限パフォーマンスを上げることです。そのためには、計画性・チームワーク(コミュニケーション)・適正な判断が欠かせません。本研修では、職場において高品質・高スピードで仕事を進めるための考え方・手法を理解していただきます。

①仕事の全体像を掴む
仕事の目的を正確に把握し、やるべきことを洗い出し、仕事の全体像を把握するための考え方を理解していただきます。

②計画性・段取り
仕事を効率的に進めるためのPDCAサイクルの回し方・優先順位の立て方を理解していただきます。

③コミュニケーション
ホウ・レン・ソウ(報連相)をはじめとした、チームで仕事を進める上でのコミュニケーションスキルを習得していただきます。

④仕事における判断軸
スピードと高い品質を実現するために、QCDRS(品質・コスト・納期・リスク・セールス)の考え方を理解していただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例 (1日目/2日間)
内容
手法
  • ■配属後の仕事の振り返り
    1.役割・立場を考える
    (1)仕事の仕方を振り返る  ~「最高の仕事体験」を共有する 
    入社してからこれまでの間の最高の仕事体験を、①工夫した点、②苦労した点、③どのように乗り越えたか?、④結果どのような成果があったか?をプレゼンテーション。お互いに体験を認め合うことで、はげみにする。
ワーク
  • 2.ビジネスマナーの再確認
    (1)ビジネスマナーとは (2)第一印象の重要性
    (3)身だしなみ ~「ふさわしい」身だしなみを確認する 等
講義
ワーク
ペアワーク
  • ■仕事の進め方の手順とスキルの習得
    3.社会人としての自覚~仕事の捉え方
    (1)仕事とは何か ~一つのものを作り上げるのにも様々な工程や人が関わる)
    (2)仕事はチームワークが大事 ~前工程、後工程を意識すること
    (3)仕事の受け方 (4)仕事の依頼 ~仕事を頼む理由 (5)仕事を依頼する
講義
  • 4.仕事をうまく進めるための時間管理
    (1)タイムマネジメントのポイント
    (2)タイムマネジメントの重要性 (3)バランスよく鳥瞰的に時間配分をしよう
講義
ワーク
  • 5.仕事の進め方
    (1)仕事の進め方の手順
     ①目標を明確にする ②方法を選択する ③手順を決定する
     ④実行する ⑤途中経過を確認・検討する ⑥変更などに対処する
    (2)大事なのは「筋書き」と「予測能力」
講義
ワーク

研修プログラム例 (2日目/2日間)
内容
手法
  • 6.仕事におけるコミュニケーション
    (1)コミュニケーションの重要性
     ~コミュニケーション不足によって発生したトラブルを話し合ってみる
    (2)ホウ・レン・ソウの原則
    【演習】こんなときどうする? トンチンカンなホウ・レン・ソウ
    (3)仕事がスムーズに進むコミュニケーション
     ①コミュニケーションはねじれて伝わる
     ②伝わったことを確認して初めてコミュニケーション成立 ~「ぱなし」にしない
     ③ 「かもしれない」コミュニケーション ~「だろう」コミュニケーションはリスクの温床
     ④言葉だけがコミュニケーションではない
     ⑤コミュニケーション媒体(紙・メール・電話・対面)による特徴
    (4) 円滑に仕事が伝わるよう工夫する
講義
ワーク
  • 7.質の高い仕事をするためのコツ
    (1)優先順位を考える
     ~優先順位を考える。やらないことを決める。仕事の選択と集中。
    (2)QCDRS(品質、コスト、納期、リスク、セールス)の重要性を考える
    (3)仕事は「PDCA」の繰り返し
    (4)仕事のミスとリスク ~起きてからの対処ではなく、起きないようにするのが本質
     ①ミスは存在する  ②リスクを管理する
      ・ミスから学習する ・リスクの洗い出し ・回避策の立て方 ・予兆の捉え方
    【演習】リスク感知シート作成⇒優先順位付け⇒対策検討
講義
ワーク
  • ■姿勢の見直しと目標立て
    8.改めて仕事に取り組む姿勢を振り返る
    (1)業務が慣れてきた段階で陥りがちな罠
    (2)意識の変革~「成果を生むためには、挑戦を繰り返し、障害を乗り越える」
    【演習】 避けていることに対する発想の転換
講義
ワーク
  • 9.仕事におけるプロフェッショナルマインド
    (1)上司・先輩から学ぶ
    (2)仕事のプロフェッショナルとしての心構え
ワーク
  • 10.仕事のプロフェッショナルとは?
    (1)仕事のこだわりを10あげる
    (2)仕事の自己評価と今後目指したい姿
    (3)明日からの行動計画
ワーク
発表

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年8月     19名
業種
不動産
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • QCDRSの中でも特にQUALITYとSALESの客観性が求められる判断基準が自分には不足していると感じました。ルーティンワークであってもしっかりチェックをして、振り返ることが大切だと思いました。
  • いつも目の前の仕事に追われている感じでしたが、今回の研修を機に、日々の仕事の仕方を改めたいと思いました。ただこなすだけではなく、PDCAの意識、「目的や目標は何か」を考えて取り組んでいきます。
  • 今回の研修で、新しい考えを多く学び、これからの仕事への大きなモチベーションになりました。仕事に取り掛かる前に一旦考えて、今日その日の活動の目標をはっきりさせることを心掛けます。

実施、実施対象
2019年5月     54名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.3%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • 特に今回できていなかったCHECKを重視して、PDCAサイクルを回していきたい。チームで業務を進める際には役割を適切に分配して、よく話し合いながら協力する。
  • 「反省」を忘れず、自分のPlanに常に疑問をもつようにする。会社の仕事は一人で完結するものはなく、チームで進めるものなので、本日の研修で学んだチームワークの重要性を意識したい。
  • PDCAはあくまで「サイクル」であることを意識する。つまり、初めに立てた計画や前例に固執することなく、柔軟に修正していきたい。

実施、実施対象
2018年 2月     16名
業種
人材・教育サービス・BPO
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 明日からでも使える仕事のテクニックが多く有益でした。 主に、上司の報告の時に生かします。
  • 仕事やスケジュールをしっかり管理して、日々の業務にあたりたい。
  • ホウ・レン・ソウの内容の精度を上げる。組織のために何ができるかを考えていく。

実施、実施対象
2016年 11月     49名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
83.7%
講師:大変良かった・良かった
91.8%
参加者の声
  • 様々なシチュエーションの会話でも、基本的なコミュニケーションの原理原則があり、それを考えながらではなく、自然に出来るように普段から練習をしていきたいと思います。
  • これからは、相手を思いやった言い方を意識し、きちんと状況を整理してホウ・レン・ソウを出来るようにしたいと思います。
  • 上への目線、下への目線、横への目線など、視野の拡大に活かしていきたいです。
  • 日頃、おろそかにしがちとなる相互の考え方、視点の確認が重要であることを再確認。この確認に潰す時間を惜しまないことが、仕事を早く確実に進めるポイントになることを忘れないようにする。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

仕事の進め方研修
年間総受講者数
3,040
内容をよく理解・理解
96.3
講師がとても良い・良い
94.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia タイムマネジメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!