loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ファシリテーション研修 ~住民との協働を考える編(2日間)

ファシリテーション研修 ~住民との協働を考える編(2日間)

職員と公共団体や市民による「会議」を活性化し、業務効率向上を図るファシリテーション力を学ぶ

研修No.B FCL160-0300-0766

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

住民協働を成功させるための要素の1つに、自治体職員と公共団体や市民らの参加者による「会議」があります。本研修は、会議を活性化し、業務効率を画期的に向上させるためのファシリテーションを習得する研修です。

まず、「自分が住民の立場だったとした場合、自治体職員に求めるもの/求めないもの」を考え、住民満足と、住民と協働した街づくりの重要性を考えます。
そのうえで、会議の事前準備から会議の進行、そして合意形成までをカバーするファシリーテションを身につけていただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例(所要時間:2日間)
  内容 手法
 
  • 1.はじめに
     今まで経験した良い会議、悪い会議を受講者全員で共有する
ワーク
  • 2.住民の協働による都市づくりを目指して
    ~多面的に考える住民満足

    (1)「住民との協働によるまちづくり」を達成するために、できることは何か
    (2)住民の立場だったら、職員に何を期待するか
    (3)住民の立場だったら、職員にして欲しくないことは何か
演習
ワーク
  • 3.ファシリテーションとは?
    (1)ファシリテーションの役割
    ~一対多数のコミュニケーションスキル向上のための手法・技術
     ①会議や集会を円滑かつ効率的に進め、合意形成を図る
     ②問題解決を促進、目標を達成する
    (2)ファシリテーションを支える役割分担
講義
  • 4.ファシリテーションスキルとポイント
    (1)ファシリテーションスキルの構造
    (2)ファシリテーションスキルのポイント
    (3)段取りスキル ~事前準備の重要性とプロセス管理
    (4)コミュニケーション・スキル
    (5)リーダーシップ
     ①会議のルールを作成
     ②議論の論理的整理
     ③コンフリクトマネジメント
     ④意思決定方式
    (6)問題解決力
     ①問題解決7つのポイント
     ②プロセスデザインの基本
講義
  • 5.ファシリテーションの実践力
    (1)効果的な会議運営法
    (2)会議で時間を無駄にしない手法
    (3)議論できる環境づくり
    (4)情報共有化の方法
    (5)参加者の自主性を呼び起こす手法
講義
演習
  • 6.ファシリテーション演習
    【テーマ】今後ニーズが高そうな会議・集会のテーマを題材にして行う
    【進め方】複数のテーマのうち各グループ1つを選択し、メンバーがパート毎に会議進行役になり、他のメンバーは会議参加者として発言を行う
    (1)会議企画書作成
    (2)会議進行案作成
    (3)会議進行
    (4)会議結果につき発表 ~講師による講評
    (5)目標シート作成
講義
演習
  • 7.まとめ
講義

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 7月     25名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
96.0%
参加者の声
  • 住民説明会の場面や、会議の司会者になった場合に本日学んだことを活かしたい。
  • ワークを通してファシリテートすることの難しさを痛感した。しかし今後は習得したスキルを意識して実践することで、少しでも力をつけていきたいと思います。
  • さまざまな方の意見に耳を傾けることの重要性と、合意形成に導くスキルを学んだ。

実施、実施対象
2017年 1月     14名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.9%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「自治体のあり方」というよりは職員としてのスキル修得につながりました。ロールプレイングで実践すると思ったより難しく、大変勉強になりました。
  • 会議や住民協働だけでなく、活かせる場面がたくさんあると感じました。常に市民の方と向き合う職場を目指して、まずは説明方法や心がけて聴くところから活かしていきたいです。
  • 自分の苦手なことに気付くことができました。協議会や日常の住民の方との応対において、意見を汲み上げるように努力していきたいです。今日の経験を今後活かしていきます。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

地方自治体職員(地方公務員)向け研修の評価
年間総受講者数
229,331
内容をよく理解・理解
93.7
講師がとても良い・良い
92.2

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「インソースのもと」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

行政向けサービス

オンラインセミナー支援サービス

ストレスチェック

DX理解研修

インソースレター ナッジ理論

AI(人工知能)チャットボット

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!