loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

交渉力研修 ~自治体向け折衝能力向上編(1日間)

交渉力研修 ~自治体向け折衝能力向上編(1日間)

「公益の実現」のため、住民の共感を得ることを目的とした交渉スキルを身につける

研修No.B NEG170-0000-0837

研修内容・特徴outline・feature

自治体職員の方が、交渉の際、念頭におかなければならないのは、「公益の実現」です。その「公益の実現」の前提となるのが、住民からの共感を得ることです。本研修では、その住民の共感を得ることを目的とした交渉スキルを身につけていただきます。

具体的には、交渉に必要なスキルを下記の流れで身につけます。

①事前準備(相手を知る/目的とゴールを明確にする/資料を作る)
②交渉場面での説得の仕方(功利的説得・規律的説得・情緒的説得/意見対立時の対処法)
③交渉の具体的なテクニック(相手の話を聞く/話し方/交渉後の対応)

これらのスキル定着度を高めるために、ケーススタディを用いて研修内容を実践します。ケースは、「住民税未納者への支払い要求」、「一時的に業務量が増えている他チームへ協力をするよう自チームに要請する場合」、「不正な産業廃棄物処理を行う事業所に対する指導」、「市が開催するイベントで民間企業に協賛を募る場合」など、さまざまな事例を取り揃えています。自組織の課題にあったケース例を選択していただくことが可能です。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.交渉について考える
    【ワーク】 過去の交渉を振り返る (上手くいった交渉、上手くいかなかった交渉)
ワーク
  • 2.交渉の基本的な留意点
    ※双方の利益の総和が最大となる解決策を見つけ出すこと
    (1)交渉は成立させるべき ~交渉にかけた時間を無駄にしない
    (2)可能な限り当事者の利益の総和が最大となる解決策を見つけ出す
    (3)面と向かって交渉しない、根回しという方法も有益
    (4)仕事における交渉は友好的に行うべき
講義
  • 3.交渉の手順
    ※まず調査→シナリオ作り→双方の認識すり合わせ→説得
    →確実な事務処理
講義
  • 4.交渉の前に
    ※日頃からの付合い方が大切
    (1)相手に信頼される
    (2)ルールの尊重
    (3)見た目の印象に留意
    (4)交渉前に心理的な貸しを作っておく・借りを作らない
    (5)交渉者にふさわしい知識 ~業務知識と一般常識
    (6)実践ケーススタディ ~まずはやってみましょう
    ・交渉事例について、準備をせずにロールプレイング ~「準備あり」との違いを体験
講義
ワーク
  • 5.交渉におけるテクニック ~事前準備の重要性
    (1)交渉の前にまず調査
    (2)交渉目的の明確化とシナリオ作り
    (3)組織の了解を得ておく
    (4)交渉しないのも「交渉」の戦略
    (5)交渉の資料作り ~目に見える資料を持参する
    (6)交渉の練習をする
講義
  • 6.交渉の実際
    (1)交渉相手との共通項作り
    (2)まずは相手に話させる
    (3)交渉相手の気持ちを理解する
    (4)相手を説得する① ~メリットを伝える
    (5)相手を説得する② ~ルールを守るように要求する 
    (6)相手を説得する③ ~相手の感情に訴える
    (7)相手を説得する④ ~「伝えにくいこと」を伝える方法
    (8)相手を説得する⑤ ~その他
    (9)交渉時の話し方
    (10)交渉は連携プレー(2人以上で交渉)
    (11)交渉後の対応のポイント ~時間、事務面でしくじらない
講義
  • ケーススタディ
    ■テーマ: 事前課題をもとに、現場でよくあるケーススタディを作成
    ■進め方
    ①「交渉する側」と「される側」に分かれ、交渉シナリオを立てる
    ②2人1組になってロールプレイングで対戦 ~役割を交代して、①②を繰り返す
    ③ロールプレイングを振り返って、クラス全体で意見発表
    ④講師からフィードバック
    ■効果
    ①あらゆる交渉の状況に応じたシナリオ作りを繰り返し実習することにより、 「シナリオ立案力」が身に付く
    ②シナリオに応じて対応することにより、冷静に交渉でき最良の結果を導き出す「説得力」が養われる
    ③ 「交渉する側」と「される側」の双方を体験することにより、相手の"落としどころ"が分かる
    ④現場でよくあるケースをテーマとするので、明日からの交渉に即活用できる
講義
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 12月     86名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.0%
講師:大変良かった・良かった
90.7%
参加者の声
  • 話の順序や表情などに気をつけながら話すことで、交渉に役立てたいです。
  • 「交渉」というと難しいイメージでしたが、日々の業務の中で大切なことをわかりやすく学ぶことができました。
  • 交渉の例などを掲示していただいたので、実際に想像しながら受講することができました。

実施、実施対象
2017年 11月     17名
業種
大型市・区
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.1%
講師:大変良かった・良かった
82.4%
参加者の声
  • ワークを通して業務内容が異なる職員どおし、意見交換できたのは非常に有意義であった。
  • 少しでも功利的な交渉ができるよう計画を立て交渉を行っていきたい。
  • クロージングの方法が具体的に説明されており分かりやすかった。

実施、実施対象
2017年 6月     43名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.3%
講師:大変良かった・良かった
97.7%
参加者の声
  • ロールプレイングをすることで、自分の想定外の質問があり、改めて事前準備の大切さを学びました。
  • 講師の方の体験談などを交えたお話がとても面白かったです。最後まで集中して聞くことができました。
  • 相手に対してどのように対応すべきか様々なヒントをいただく事ができました。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

地方自治体職員(地方公務員)向け研修の評価
年間総受講者数
229,331
内容をよく理解・理解
93.7
講師がとても良い・良い
92.2

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
官公庁・自治体
非営利法人
教育・大学
電力・ガス

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる