loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(若手向け)ロジカルシンキング研修~情報を整理し、結論を導く

(若手向け)ロジカルシンキング研修~情報を整理し、結論を導く

自分の考えをそのままアウトプットせず、伝えたい情報を論理的に組み立てて整理するスキルを身に付ける

研修No.3041800

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層

・インプットとアウトプットの仕方やわかりやすく論理的な話し方を習得したい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 情報を整理することが苦手
  • 上司や関係者にわかりやすく論理的に話すことができない
  • アウトプットの質を高めたい

研修内容・特徴outline・feature

時間や人員が限られる中、若手には早期に自主的に行動することが求められています。自主的に行動することは、指示された内容や情報を整理し、自身で意見や結論をまとめ、相手にわかりやすく伝えること(=論理的思考力の習得)を指します。

本研修では、論理的思考力を鍛えるべく、ロジカルシンキングのフレームを用い、「いつ・どのように考えるべきなのか」を理解していただきます。若手でもわかりやすいよう、具体的な仕事の場面のケースに沿って、考えていただきます。

※新入社員や新社会人の方のみを対象とする場合は、こちらの研修でご用意しております。新人向けにワークや進行を調整して開催いたします。
(新入社員・新社会人向け)ロジカルシンキング研修~情報を整理し、結論を導く

到達目標goal

  • ①指示や情報を整理する
  • ②自分なりの結論や意見を導く力を鍛える
  • ③相手にわかりやすく伝えるスキルを習得する

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.若手の仕事とロジカルシンキング
    (1)ロジカルシンキングってなに?
    【ワーク】どのような場面でロジカルシンキングが必要になるか考える
    (2)自立的な仕事に移行するために
    (3)仕事において意識すべき3つのこと
    (4)3つのステップでロジカルシンキングを身に付ける
講義
ワーク
  • 2. STEP① ~ 整理する
    【ワーク】 ミーティング内容を整理してまとめる
    (1)整理の基本はグルーピング
    (2)モレなくダブリなく(MECE)という考え方
    【ワーク】 モレなくダブリなく分類する
    【ワーク】 問題別に分類して、提出するメモを作る
講義
ワーク
  • 3. STEP② ~ 結論を出す
    【ワーク】 整理した内容に、自分なりの考えを入れる
    (1)まず、目的を意識する
    (2)「だから」と「なぜなら」 (So What?/Why So?)
    【ワーク】 バラバラの情報を整理する練習
    【ワーク】 前述の整理したミーティングメモから結論を導き出す
講義
ワーク
  • 4. STEP③ ~ 分かりやすく伝える
    【ワーク】 自分の結論を説明する
    (1)結論重視で話す ~ PREP法 (プレップ法)
    【ワーク】分かりやすく伝える練習
    【ワーク】 自分なりに導き出した結論を、分かりやすく説明してみる
    (2)その他の話の展開手法
講義
ワーク
  • 5. 総合演習
    【ワーク①】学んだ手法を使い、研修の内容を整理する
    【ワーク②】整理した内容をどのように業務に活かすか考える
    【ワーク③】その内容をメンバーに"論理的に分かりやすく"話す
ワーク

企画者コメントcomment

ロジカルシンキングは一般的にフレームワークなどで語られることが多いですが、本研修では思考の型だけでなく、実際の仕事で起こりうる場面を扱ったケースを通して論理的思考力を鍛えます。「会議の内容をまとめる」「上司に自身の考えを含めて、会議内容を報告する」「課題に対する解決策をまとめる」などのケースを通して、研修を受講した翌日から、若手がスムーズに行動できるようになります。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evaluation

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.5%

講師:大変良かった・良かった

96.9%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年4月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 複雑な情報を簡潔にする・知識が少ない人に分かりやすく伝える方法として、ロジカルシンキングは汎用性のあるスキルだと思いました。クライアントとのコミュニケーションで活用します。
  • 論理的に話すためにも、会話の構造を意識し関係者とコミュニケーションを取る。結論重視で話すことを実践する。些細な事でも立ち止まり思考を整理する。
  • ワークを通して、自分の出す結論ではほとんど問題解決に至らないことが分かった。これを改善するために、出した結論が目的に沿っていることを確認し発信する。
  • 「上司への報告・お客様への説明」で活用するためにも、まずは結論から話すことを実践します。

実施、実施対象
2022年3月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.3%
講師:大変良かった・良かった
92.3%
参加者の声
  • 自分の苦手としていた部分が理解できたので、練習を積み重ねてロジカルシンキングに慣れていきたいです。結論を最初に伝えることを念頭に置き、説明や報告をします。
  • 「どのようにすれば論理的に説明できるのか?」を学べるよい機会になりました。自分はまだまだスキル不足なので、研修で学んだ練習方法でロジカルシンキングの力を高めます。
  • 何事も図解することから始めます。図解で論理的に情報を整えてから、関係者とのホウ・レン・ソウや新規に導入したいシステムのプレゼンに臨みたいと思います。
  • 情報の整理にとても苦手意識があります。ワークで学んだ分類してから整理し、結論を導き出すプロセスを踏んで情報をまとめて説明します。

実施、実施対象
2022年2月     21名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.2%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 整理・結果・伝達の流れを知ることでものごとを論理的に処理する方法を理解できました。多方面で応用の効くプロセスだと感じました。
  • 相手の役職によって伝え方を変える必要があると分かった。各役職に合った伝えるためのフレームワークを学べたので、自分のスキルを更に高めて会社に貢献していきたい。
  • 情報の整理・相手のことを考えて話すなど有意義な内容でした。社長面談や採用面接などで活用します。
  • 講師が説明している時の仕草や言葉選びも勉強になりました。今後はロジカルに情報を組み立ててから、プレゼンテーションや会議をすすめたいです。
  • なぜ簡素な構成のほうが言いたいことが伝わるのかが分かりました。ワークで習得した様々な手法を活用し、報告書の作成やプレゼンテーションに取り入れます。

実施、実施対象
2022年1月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 表を使い、意見をまとめ・整理する方法を学べました。議事録をまとめる際は今回の内容を実践し、他者に伝わりやすい資料にしていきたいです。
  • 問題発生時に役に立つフレームワークを学べた。表を使いロジカルに考え今後の業務に取り組みたい。
  • PREP法の練習ができました。表を作成し自分の考えを落とし込むことで状況の整理ができて良かったです。プレゼンテーションや会議で活用します。
  • 能動的なワーク内容で有意義でした。具体的には表の作り方や伝え方、話の組み立て方などを学びました。上司への報告資料作成時などに活かします。
  • 上司や社内報告や得意先との商談の際に、自分の意見や提案を論理的思考にもとづいて伝えます。難しいことを易しく優しく話すこと、PREP法で端的に分かりやすく伝えることを意識します。

実施、実施対象
2021年10月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • グルーピングを見える化することで、自分の考えを整理しやすくなると感じました。説明をする際は前提となる知識を省かないように注意します。
  • まずは「目的」を意識し、根拠を列挙したうえで結論を導きだし、相手に分かりやすく簡潔に説明できるように努めます。
  • 上司に分かりやすくものごとを伝えられるよう、情報整理と明確な結論の提示を意識したいです。幅広い年齢層へ話をする際も、論理的思考を取り入れます。
  • 部下や同僚に対して説明や指示をする際に、ツリー構造を頭で描き、分かり易い説明ができるように心掛けます。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.5
講師がとても良い・良い
96.9

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修