loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(若手向け)仕事の進め方研修~PDCAを強化する

(若手向け)仕事の進め方研修~PDCAを強化する

PDCAサイクルを回し続けるための、フェーズ毎の仕事の進め方を学び、目的・目標を達成する

研修No.2000400

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • ・6か月程度の実務経験のある新入社員
  • ・入社2~3年目の若手社員

よくあるお悩み・ニーズ

  • 慣れた簡単な仕事から進めてしまうなど、仕事の優先順位がしっかりつけられていない
  • 突発的にふってきた仕事に上手く対応できない
  • 自分で立てた計画通りに進められず、締め切りを守れないことがある

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、仕事とは何か、自身の役割とは何かを改めて捉え直したうえで、目的に沿った活動を効率的に進めるために不可欠な「PDCAサイクル」について理解を深めていただきます。さらに、Pのフェーズで必要なタイムマネジメント手法、C・Aのフェーズで必要な問題解決手法を学び、自身の業務に当てはめて考えることで、現場でのPDCAの実践を促します。

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①組織・チームにおける自分の役割を理解する
  • ②自身の業務をPDCAのフレームワークに落とし込んで考えることができるようになる
  • ③仕事の優先順位がつけられるようになる
  • ④普段の業務で発生している問題を見つけ、原因の追究や対策を考えられるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1. 仕事における悩み
    【ワーク】仕事の進め方において今困っていること、難しいと感じることについてグループ内で共有する
ワーク
  • 2.組織における自分の役割を考える
    (1)会社とは・会社の目的とは
    (2)様々な人と関わりながら目的を実現する
    (3)前後のつながりを意識して行動する
    【ワーク】「上司・先輩の視点」「お客さまの視点」「社会の視点」の3つの視点から、多面的に自分に求められる仕事の仕方を考える
講義
ワーク
  • 3.チームで行動するために必要なコミュニケーション力
    (1)コミュニケーションの原則
    (2)ホウ・レン・ソウの基本の再確認
    【ワーク】ケースを使った報告の仕方のワーク
講義
ワーク
  • 4.PDCAサイクルでの行動
    (1)PDCA ~ 成果を出すための仕事の進め方
    (2)PDCAは過不足なく
    (3)PDCAサイクルは回し続けることが大切
    【ワーク】自身の業務をPDCAのフレームワークに落とし込む
講義
ワーク
  • 5.質の高い仕事の進め方① ~ タイムマネジメント (P)
    (1)タイムマネジメントのポイント
    (2)タイムマネジメントに必要なこと
    (3)優先順位を考える
    【ワーク】自身の業務を具体的に洗い出し、それを「重要度」×「緊急度」のマトリックスに落とし込むワーク
講義
ワーク
  • 6.質の高い仕事の進め方② ~ 問題の発見と解決の仕方 (C・A)
    (1)問題洗い出し ~ 再発防止策までの手順 (9つの手順)
    (2)具体的な手順とポイント
    (3)問題発見の具体的事例
    【ワーク①】自身の業務の中の問題を洗い出すワーク
    【ワーク②】洗い出した問題に対する原因、改善目標、対策および再発防止策を考えるワーク
講義
ワーク
  • 7.明日からの目標を立てる
    (1)1年後に達成すべき「目標」を1つ設定
    (2)いきなり100ではなく、1つずつステップを踏む姿をイメージ
ワーク

企画者コメントcomment

入社して時間が経ち、業務に少しずつ慣れてきた時に立ちはだかる壁が「仕事の進め方」です。突発的な仕事が増えて対処できない、悩んだまま人に聞けず仕事が進められない、期限までに仕事が終わらない、など新入社員・若手社員悩みは尽きません。そこで必要なのが自身の役割認識と、「PDCAサイクル」の実践です。ただ仕事を進めるのではなく、チームの一員としての考え方や行動ができるか、PDCAのフレームワークに則って考え、振り返りや改善をし続けることができるか、が成長の肝になります。そのために必要なスキルを、実践的なワークを通じて習得していただける研修です。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.5%

講師:大変良かった・良かった

99.2%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • PDCAサイクルやマトリクスを意識して、仕事の順位付けと対策や目標をしっかり決めたうえで、作業に励みます。
  • PDCAを取り入れて、何をすべきかを明確にする。無理な部分を見直し、自分の仕事を適性化していく。
  • 相手とのコミュニケーションの際は知識、常識、前提を意識して行うようにする。タイムマネジメントを行う際には、緊急度と重要度を意識する。
  • 優先順位を決めることで、新たな時間ができ、効率良く業務を行うことができることをを改めて学びました。まずは、PDCAを活かして、15分考えて行動を起します。

実施、実施対象
2021年5月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 目標を明確にし、PDCAサイクルを意識することで、効率的に目標達成につながると感じましたので、これを活かし、自分の課題を解決していきます。
  • PDCAは様々な業務に活用できると考えます。人とコミュニケーションをとる際に活かします。
  • 効率良く進めるために、PDCAサイクルを徹底して仕事に取り組みます。また、スケジュール管理や仕事の優先順位を自分で把握し、判断できるようになります。
  • PDCAの中で、今まではCのチェック・確認が疎かだったので、上司や先輩社員の方と協力し、細かい部分までチェックしていきます。そして、中身の質を高めます。
  • PDCAを正確に示して何度もサイクルを回していきます。また「ホウレンソウ」を大切にし、締切など、明確な時間をきちんと確認し、優先順位を考えて業務に取り組みます。

実施、実施対象
2021年2月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.9%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 目標に沿って業務の優先順位をつけた際に、意外な順位となるところが多々あったため、逆算と整理はとても重要であると一層考えさせられました。
  • ホウレンソウも大事ですが「分からないことは素直に聞く」「PDCAを意識する」「常になぜかを考える」といったビジネスパーソンの基本を忘れずに仕事に取り組みます。
  • PDCAを意識すると、より効率よくミスなく仕事をすることが出来ると思いました。今後は自分の仕事にあてはめて、より効率的に仕事を進められるよう精進します。
  • 目的と目標を明確にすることで、目先の業務が存在している理由が理解でき、仕事に対する積極性が向上すると感じました。この捉え方は、どの業務をする時にも意識すべきことであると思いました。

実施、実施対象
2020年11月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 問題発見・解決の方法を活かしていきたいです。PCDAを学んだことで、今後の業務効率へのアプローチがしやすくなりました。
  • PDCAサイクルをくり返すことはもちろん、くり返すためにも「P」について改めて確認し、業務に活かしながら回していきたいです。
  • 現場を管理するために進捗状況の確認に時間がかかり、社内業務の時間をつくれないでいたので、PDCAを活かして優先すべき事を細分化し、進めていきたいです。
  • 日常の業務を見直すきっかけとなる研修だった。確認したことは問題意識を持って、明日からの業務に活かしていきたい。
  • PDCAサイクルについては常に仕事で求められるスキルですが、実際に実行できていなかったため、業務効率を上げられていなかったです。今後は少しずつでもPDCAに業務を落とし込むことで、一人で判断し、行動できるようになりたいです。

実施、実施対象
2020年10月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段の業務では、目の前の作業をこなすだけだったのですが、今日の研修を受けて、振り返りや問題提起をしてそれに対することや、改善の実行の大切さを学ぶことができました。今後は業務に対してPDCAを生かして効率化をはかっていきたいです。
  • おおまかに業務の優先順位をつけていましたが、今回の研修を通じて、もっと細かく優先順位をつけることで本当にやるべき事が見えました。これからはPDCAを実施して、業務を効率化しようと思います。
  • 問題を見つけた時に、その問題の原因追求をすることで、対策ができることが分かりました。入社1年目の私にとっては今後も問題が多くでてくると思うので活かしていきたいです。
  • コミュンケーションにおいて、「伝え方」の大切さを改めて実感することができました。また、PDCAを書き出すことで、問題に対する改善を具体的に考えることができました。今後もPDCAを回しながら仕事をしていきます。
  • ホウレンソウやPDCA、タイムマネジメントなど、日々の業務、そして社内コミュニケーションですぐに活かせる内容でした。上司へのコミュニケーションや、業務の抜け漏れで大変だと感じることもあったので今後すぐ実践に移りたいです。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.5
講師がとても良い・良い
99.2

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修