新入社員指導者向けOJT研修

新入社員指導者向けOJT研修

研修の目的・特徴

"人材こそ組織の最大の資産"と考える会社が多くなってきました。そんな中にあって、業務を通じて部下を計画的に育成するOJT(On the Job Trainjng)が重要視されるのは、ある意味で当然のことです。

ところが実際には、OJTを効果的に実行できているか、OJT担当者が疑問を感じていることが少なくありません。具体的に何をしたらよいかわからない、指導方法のポイントが何か分からないなどという悩みをよく聞きます。 しかも、自分の仕事をそつなくこなして、そのうえに部下や後輩を育成することに重圧を感じる方も多いようです。となりますと、OJT担当者を支援するしくみが要請されるのは必定です。

そこで、インソースでは、OJT担当者に求められる各種のスキルを集め、OJT担当者を支援する研修をご提供しております。その要諦は、一言で言えば、オーソドックスで基本的なフレームワーク(型)にしたがって OJTを行うのが最も効率的かつ効果的だということです。さらに、OJTは集合研修と対をなしていることも不可欠です。

インソースの研修では、はじめて就職する新人の方を育成するOJT担当者向けに基礎的な心構え、教育・育成スキルを中心にした研修プログラムを各種作成しております。 OJTの意義・必要性からはじまり、OJTの各種スキル(指示のしかた、報告のさせかた、質問のしかた、ほめ方・注意の仕方など)の基本をご理解頂いた後、実践的な演習を行なうことで知識とスキルの定着を図ります。

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

研修ラインナップ

インソースの新入社員指導者向けOJT研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

1年間の総受講者数
15,595

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.0%

講師:大変良かった・良かった

94.9%

※2018年4月~2019年3月

受講者の声

    • OJTで部下を育成するというととても難しく、責任重大なことだと構えてしまっていましたが、人対人として相手を尊重するというスタンスでいいのだと、少し気が楽になりました。
    • 参加前は「長い」と思った講習時間ですが、終わってみたら「もっと聞きたい」と思える内容でした。講師の経験に基づいた話も分かりやすくモチベーションが高まりました。同席の人たちと話すことができたのも有益でした。また参加の機会が来ることを願っています。
    • OJTの内容のみならず、接遇方法などの内容も盛り込んで頂けて、大変勉強になりました。
    • 今回の様なOJT研修は非常に有益だと感じました。新人を育成させるためには、管理職、OJT担当者の双方が、OJTについての知識向上が必要だと思いました。
    • 今回の研修を通じてOJTトレーナーとして意識が強まりました。また、人を教えていくという責務の中で、自分自身もさらなる成長をとげなければならないと強く感じた。経験が豊かなだけでなく教えられる立場になって計画継続していきます。また、グループ討議で出た定期的なトレーナーの情報交換もプラスして質を高めます。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!