loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

新入社員指導者向けOJT研修

新入社員指導者向けOJT研修

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

新人と共に成長していく

毎年、4月になると新入社員が組織に加わり、新入社員研修・新人研修が開催されるという組織は多くあります。インソースでもビジネスマナーや仕事の進め方などを教える「ビジネス基礎研修」、「コミュニケーション研修」や「ホウレンソウ研修」、「営業基礎研修」など、新入社員・新人の皆さんにたくさんの研修をご受講いただいています。

とはいえ、研修を受けたから、スキルを教えられたからといって、新入社員・新人がそのまま職場で仕事ができるようになるわけではありません。やはり新人が一人前に仕事ができるようになるためには、配属先の現場での指導、すなわち「On the Job Training(OJT)」が欠かせないのです。

しかし実際には、「効果的なOJTとはどのようなものかが分からない」と、OJT担当者自身が指導に疑問を感じていることが少なくありません。 また、自分の仕事をすすめながらも部下や後輩を育成することに重圧を感じて、指導者の役割を果たしたくないと及び腰である場合もあるようです。

インソースでは、新人指導を担うための心構えや具体的な指導スキルだけでなく、指導を通してOJT指導者自身にもたらされる成長についてもお伝えします。自分一人で新人を育て上げなければならないというプレッシャーから解放させ、チーム全体で前向きに育成に臨む気持ちを醸成します。


新入社員指導者向けOJT研修のポイント

自分の経験を振り返り、指導担当者としての自覚を持つ

インソースでは、新入社員指導者向けOJT研修の冒頭で、必ず「自分が新人だった時にどのようなことに困ったか」という問いかけをします。自分もかつては新人で、誰かに業務を教えてもらった立場だったはずです。過去を振り返りながら、自分と同じように壁にぶつかるであろう新入社員に対し、組織の育成に対する指針をもとに覚悟と責任をもって役割を果たす意識を高めます。

実務能力を習得させ、考え方の軸を確立させることがOJTの目的

OJTの基本的な指導スタイルである「やってみせる」→「やらせてみる」→「フォローする」というプロセスが、初心者を短期間に即戦力へと育てるうえで効果的に作用します。また、OJTを通じて部下・後輩の中に「考え方の軸」が確立できれば、その後ひとりで仕事をするようになってからも、判断に迷ったり、大きく間違った行動をとることが少なくなり、自分なりに仕事の進め方を創意工夫できるようになるなど、自立して行動することのできる人材へと成長させることができます。

育成計画を立て、具体的な指示の出し方を学ぶ

いつの時点でどうなっていて欲しいのかを決め、そのために必要な知識やスキルを洗い出し、達成予定日から逆算して「いつ身につけさせるのか」を決めていくのが、効果的な育成計画です。この計画に基づいて、全体の仕事の流れを大まかに伝え、その後に具体的な行動を指示します。その際、出来上がりの期待水準を合わせて伝えることで、指示したものと成果物がかけ離れてしまうことを抑制できます。また、報告を癖づけさせるポイントやモチベーションを高めるほめるスキル・叱るスキルについてもお伝えします。


新入社員指導者向けOJT研修ご検討のお客様からのご質問 ~内容・実施方法など

OJTスキルとは、立場や役職などによって異なるものなのでしょうか?

A.立場によって、行うべき人材教育は異なります。
インソースでは、「階層別OJTトータル強化プログラム」をご提案しています。階層(部長、課長、中堅、若手)ごとに、求められる役割と為すべき人材育成を定義しています。立場に応じて最適化した研修プログラムもございますので、全階層でのOJT研修実施もおすすめです。

部長向けOJT研修 部下教育で強い組織に改造する(1日間)
ベテラン(課長・係長)向けOJT研修 現場目線で部門の成果を最大にする(1日間)
中堅社員向けOJT研修 組織全体から個へのアプローチを学ぶ(1日間)
若手向けOJT研修 初めての後輩指導に向けて準備する(1日間))

OJT研修と言ってもたくさんの種類があるようですが、どのように選んだらよいですか?

A.そのようなお悩みをお持ちのお客さまには、まずは「OJTから始める組織力向上セミナー」へのご参加をおすすめしております。

OJTを階層別にどのように理解し、連動させるかという問題に特化した、無料のセミナーでございます。部下指導の研修は多いですが、組織全体でOJTに取り組む仕組み作りの研修は希少です。部長・課長が育成方針やスキル要件を決め、中堅がチームごとに必要なスキル一覧をまとめ、それに基づいて若手が率先して指導を行うという一連の流れをご紹介します。ぜひご参加ください。

当社の現状に合うよう、カリキュラム内容は変更可能ですか?

A.可能です。
OJT担当者を監督する立場にある役職の方が本研修の対象ですが、部長、課長、係長、所属長、新任管理職など、役職は組織によって様々です。研修実施にあたっては、育成計画・OJTトレーナー育成・ティーチング・コーチングなど、どのテーマを重点的に扱うかといった時間配分や、コミュニケーションスキル等との組み合わせといった研修内容のカスタマイズについても、多種多様に変更可能です。

カスタマイズ例①:育成方針+コミュニケーション力・判断力
OJT研修 ~育成担当者サポート力強化編(1日間)
カスタマイズ例②:課長級管理職の方向けのOJT研修
管理職向けOJT研修 ~役割認識と意識強化(1日間)

当社における部下・後輩の指導方針は決まっています。それを踏まえ、規程内容を盛り込んだ研修を依頼できますか?

A.柔軟に盛り込ませていただきます。
テキストをカスタマイズして貴社の規定内容を組み込むということであれば、テキスト内容との整合性を保つ作業が発生するため、相応の費用は別途ご相談のうえいただきます。
または、貴社の規定の記載された冊子などをテキストと別々に使用するということであれば、別途料金はいただきません。講師へ規定内容を前もって共有のうえ、研修内で取り扱わせていただきます。

どんな人に講師をしていただけますか?

A.部下指導・育成に関する実務経験、管理職経験の豊富な講師を派遣いたします。指導・育成において上手くいった事例だけでなく、自身の失敗体験も語れるような講師が適任と考えております。
また、部下指導の話は、具体的な職場のイメージをもって伝えることが大切であり、貴社の業界や受講者の職種について、可能な限り理解が深い講師を原則派遣するようにしております。

その他にも、受講者さまを動機づけ、学んだ知識を実践できるよう導くうえで、受講者と講師の「相性」は非常に重要であると考えております。
ご要望(一人ひとりに寄り添う姿勢で親しみを感じさせるタイプ、適切な距離を保ち厳しく指導するタイプ、冷静・ロジカルに話すタイプ、熱く語りかけるタイプなど)がございましたら、ぜひお聞かせください。
インソースの講師の特徴

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

新入社員指導者向けOJT研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!