loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

OJT研修 ~自らのタイプを知り、指導を進める編(1日間)

OJT研修 ~自らのタイプを知り、指導を進める編(1日間)

OJT担当者の方が、自分の傾向を知ることで、より効果的な部下育成ができるようになる

研修No.B OJT255-0000-2652

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層

OJT担当者の方

研修内容・特徴outline・feature

OJT担当者が、自分の傾向を知ることで、より効果的な部下育成ができるようになるための研修です。

まずは、「目標の立て方」や「指示の出し方」など、OJTの進め方についてお伝えします。
そのうえで、これまでの自分のOJTを振り返ることで、自分の「部下との接し方」の傾向を把握し、陥りがちなクセや注意点、改善方法を考えます。
最後には、身につけたことをロールプレイングでアウトプットすることで、現場で実践できるようにします。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.OJTを行う立場としての責任と覚悟
     ■OJTリーダーに求められるもの(役割)
講義
ワーク
  • 2.後輩の成長への意識を持つ
    (1)人が育つ職場づくり
    (2)戦略的にOJT指導を遂行する時間を創出する
講義
  • 3.OJT指導の進め方 ~現状とのギャップを考える
    (1)目標を立て、確実に進める
    (2)現状の後輩の業務を把握する
    (3)指示の仕方 ~仕事の意味を教える
    (4)指示した内容を確認する
    (5)報告させる、相談を受ける
     【ワーク】OJTを進めるにあたっての指導の仕方を考える
講義
ワーク
  • 4.自分の「先輩タイプ」を知る
    (1)①~⑤にYESが多い場合
     【ケーススタディ】自分と後輩とを単純比較してしまうタイプ
    (2)⑥~⑩にYESが多い場合
     【ケーススタディ】後輩の状況を理解せず、怒ってしまうタイプ
    (3)⑪~⑮にYESが多い場合
     【ケーススタディ】後輩放置タイプ
    (4)⑯~⑳にYESが多い場合
     【ケーススタディ】後輩甘やかしタイプ
講義
ワーク
  • 5.実践ケーススタディ
     【ケース1】仕事に余裕をなくしているAさん
     【ケース2】計画的に仕事を組み立てられないBさん
     【ケース3】すぐに上司に丸投げするCさん
     【ケース4】かたくなに自分のやり方を貫くDさん
     【ケース5】その仕事はまだ教わっていませんというEさん
     【ケース6】することがないというFさん
講義
ワーク
  • 6.部門間の連携を意識したOJT
    【ワーク】部内の他のメンバーをOJTに巻き込むこと得られる効果とは
    (1)組織的なOJTの重要性
    (2)依頼の手順
講義
ワーク
  • 7.明日からの行動

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年 6月     23名
業種
サービス業(BtoC)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.7%
参加者の声
  • 今まで行っていたOJTを見直すことが出来ました。効果的な指導方法など、具体的な場面を想像をしながら研修を受けることができました。
  • 何となく感覚で進めていた指導が、なぜそうしたらいいのか、スキルの習得をもっと良くするにはどうすればよいのかを具体的に学べた研修でした。
  • 非常に有意義な研修だと感じました。違う視点から物事を捉える重要性を改めて学びました。

実施、実施対象
2017年 5月     57名
業種
大型市・区
評価
内容:大変理解できた・理解できた
98.2%
講師:大変良かった・良かった
98.2%
参加者の声
  • 講師の実際の経験に基づいた内容はとても具体的でわかりやすかった。研修に参加できてよかった。
  • OJTの計画、進捗管理の必要性が良く分かりました。また、部下の指導の参考になります。
  • 視野が広がった。現象だけではなく、認識に働きかけること。分かっているつもりでも忘れがち。再確認できた。

実施、実施対象
2017年 3月     24名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自身が入社した時の事を思い出すことで、現在の自分の後輩との接し方の改善点を見つけることができた。またグループ内で意見を共有することで考えの幅を広げることができた。
  • 自分で考え、グループ内でまとめて発表することで、常に考え、いろいろな人の考えを聞くことができて勉強になりました。
  • 考える機会が無いと、自分が新人だった頃の事や普段の自分の行動を見直す事が無い為、振り返りをする良い機会になりました。

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

OJT研修
年間総受講者数
11,089
内容をよく理解・理解
95.2
講師がとても良い・良い
93.8

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia OJT教育のやり方

部下・後輩指導研修の選び方

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

優秀な人材の流出を防ぎ、定着率を高める 離職防止(リテンション)を考える研修

ストレスチェック支援サービス

あなたの組織の中堅社員はどのタイプ?9つのタイプ別おすすめ研修

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!